手ぬぐい[古典]

美しく、ときにユーモアや時代の世相を反映する手ぬぐいと、夏の華であるゆかた。日本の文化に光る庶民の粋と伝統を守り育ててきたのが創業150年を迎えた、東京日本橋・戸田屋商店の梨園染です。ゆかたは平安時代の貴族が入浴に際し着用した「由加太比良(ゆかたびら)」が起源ですし、手ぬぐいは鎌倉時代に誕生し、江戸時代に広く普及したといわれています。現在では歌舞伎や舞踊の世界を初めとして皆様に愛用されているところから「梨園染」の名称で江戸の粋をお届けしています。梨園染製品はゆかた、手ぬぐいをはじめ、扇子、うちわ、のれん等に形を変え、数百の柄、バリエーションで皆様に江戸の粋をお届けしています。

東京日本橋 戸田屋商店

古典柄とは昔ながらの日本の伝統的な柄ので、様々な種類があり、描かれた柄によって「厄除け」、「子孫繁栄」、「長寿」などの意味を持っています。
通常価格 ¥880
通常価格 ¥1,320
通常価格 ¥1,320
通常価格 ¥1,100
通常価格 ¥1,100
通常価格 ¥1,100
通常価格 ¥1,100
通常価格 ¥1,320
通常価格 ¥1,320
通常価格 ¥1,100